[Java入門] 文字と数値

※本ブログでは、商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

リテラル

特定の文字や文字列、数値のことをリテラルと言います。
javaでは次の3つのリテラルに分類されています。

  • 文字リテラル
  • 文字列リテラル
  • 数値リテラル(整数、浮動小数点)

文字リテラル

javaでは1文字と文字列を区別して扱います。
1文字を扱う場合は、文字を’(シングルクォーテーション)で囲みます。

記述例:

public class CL1 {
	public static void main(String args[])
	{
		System.out.println('A');
	}

}

実行結果:

A

文字列リテラル

文字列を扱う場合は、文字列を”(ダブルクォーテーション)で囲みます。

記述例:

public class CL2 {
	public static void main(String args[])
	{
		System.out.println("ABC");
	}

}

実行結果:

ABC

数値リテラル

数値リテラルには、整数リテラルと浮動小数点リテラル(1.5など小数点が付く)があります。
また、表記方法にも種類があります。
通常は10進数で扱われますが、先頭に0を付けると8進数、0xを付けると16進数で扱われます。

記述例:

public class CL3 {
	public static void main(String args[])
	{
		// 整数の15を表示します
		System.out.println(15);	
		// 浮動小数点の1.5を表示します
		System.out.println(1.5);
		
		System.out.println("10進数の 15は、10進数で" + 15 + "です");
		System.out.println(" 8進数の017は、10進数で" + 017 + "です");
		System.out.println("16進数の0xFは、10進数で" + 0xF + "です");
	}

}

実行結果:

15

1.5

10進数の 15は、10進数で15です

8進数の017は、10進数で15です

16進数の0xFは、10進数で15です

エスケープシーケンス

エスケープシーケンスとは、キーボートからは入力できないような特殊な文字を、2つの文字の組み合わせで表現したものです。

javaでは下表のエスケープシーケンスが使用できます。

エスケープシーケンス表現される特殊文字
\bバックスペース
\t水平タブ
\n改行
\f改ページ
\r復帰
\’
\”
\\\
\ooo8進数のoooの文字コードを持つ文字
(oは0~7の数字です)
\uhhhh16進数のhhhhの文字コードを持つ文字
(hは0~9の数字、A~Fの英字です)

記述例:

public class CL4 {
	public static void main(String args[])
	{
		System.out.println("ダブルクォーテーションを表示する:\"");
	}

}

実行結果:

ダブルクォーテーションを表示する:”

文字コード

文字は、実のところ内部的には数値で扱われまています。
文字1つ1つを識別するための数値がそれぞれの文字に割り付けられており、それを文字コードよ言います。
文字コードには様々な種類がありますが、javaではUnicodeと呼ばれる文字コードが使用されます。

先程のエスケープシーケンスを使用して文字コードから文字を表示してみましょう!

public class CL5 {
	public static void main(String args[])
	{
		System.out.println("文字コード0x0041の文字は\u0041です");
	}

}

実行結果:

文字コード0x0041の文字はAです


スポンサーリンク
java
コッコ隊長の勉強部屋

コメント