[C言語 標準ライブラリ] locale.hの使い方

locale.hには、ロケールごとに異なる文字コードや数値を記述する場合の、書式等の操作を行う型・マクロ・関数の宣言および定義がされています。

スポンサーリンク

マクロ

LC_ALL

setlocale関数の引数categoryに使用します。
すべてのカテゴリを意味し、プログラム全体のロケールを変更することができます。

LC_COLLATE

setlocale関数の引数categoryに使用します。
文字列の比較や変換に関するカテゴリを意味し、strcoll関数およびstrxfrm関数の動作を変更することができます。

LC_CTYPE

setlocale関数の引数categoryに使用します。
文字列操作に関するカテゴリを意味し、文字列操作関数および複バイト文字関数の動作を変更することができます。

LC_MONETARY

setlocale関数の引数categoryに使用します。
金額の書式化に関するカテゴリを意味し、localeconv関数が返す通貨の整形に関する情報に影響します。

LC_NUMERIC

setlocale関数の引数categoryに使用します。
数値の形式に関するカテゴリを意味し、入出力関数や文字列操作関数の小数点の文字および、通貨に関係しないlocaleconv関数が返す情報に影響します。

LC_TIME

setlocale関数の引数categoryに使用します。
時刻や日付に関するカテゴリを意味し、strftime関数の動作を変更することができます。

NULL

空ポインタを示す定数(0)です。

struct lconv

数値を記述する場合の書式に関する情報を格納する構造体です。
localeconv関数の戻り値の型で使用されます。

関数

char *setlocale(int category, const char *locale)

現在のロケールを設定します。

struct lconv *localeconv(void)

設定されているロケールに応じた値を格納したstruct lconvを参照します。

コメント