[Stable Diffusion Web UI] カメラアングルに関するプロンプトの解説!

※本ブログでは、商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

スポンサーリンク

本記事では、Stable Diffusion Web UIで画像生成する際の、カメラアングルに関するプロンプトについて解説します。

グラフィックボードの性能が足りない方は、この機会に是非グレードアップを検討してみてください。

AI画像生成の入門モデルとしておすすめのグラフィックボード

◆ワンランク上のハイエンドモデルとしておすすめのグラフィックボード

◆最高峰の超ハイエンドモデルとしておすすめのグラフィックボード

MSI MSI GeForce RTX 4090 SUPRIM X 24G / PCI-Express 4.0 グラフィックスボード RTX 4090 SUPRIM X 24G

Stable Diffusionについて、さらに詳しく知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

Stable Diffusion AI画像生成ガイドブック

created by Rinker
¥2,420 (2024/02/28 07:21:13時点 楽天市場調べ-詳細)
スポンサーリンク

カメラアングルとは

カメラアングルとは、カメラが被写体をどの角度から撮影するかを指す用語です。
カメラアングルには無数のバリエーションがあり、視覚的な印象に大きな影響を与えます。
トーン、キャラクターの感情、視覚的スタイルなどのあらゆる側面を強調することができます。

カメラアングルに関するプロンプト

カメラアングルを指定することで、出力する画像の視点を制御することができます。
以下、カメラアングルに関するプロンプトと画像生成結果の例です。

画像生成モデルは以下の3つを使用しています。

  • イラスト系モデル:AbyssOrangeMix3(AOM3A1)
  • リアルイラスト系モデル:CitrineDreamMix
  • 実写系モデル:ChilloutMix

high angle

上からのショット。被写体を小さく見せる効果があります。
被写体が人の場合、目線に関するプロンプトを指定しないと、上目づかいになる傾向があります。

イラスト系モデル
リアルイラスト系モデル
実写系モデル

low angle

下からのショット。被写体を大きく見せる効果があります。
若干効果が薄く、絵が破綻する確率が上がる感じがします。
こちらも視線をしていしないと、顔だけが上を向く傾向がありました。

イラスト系モデル
リアルイラスト系モデル