C言語

C言語

[C言語 標準ライブラリ] string.hの使い方

文字列処理およびメモリ転送処理をするための関数が宣言および定義されています。 マクロ NULL 実装で定義されたNULLポインタ定数です。 型 size_t sizeof演算子の結果である符号なし整数型...
C言語

[C言語 標準ライブラリ] stdlib.hの使い方

stdlib.hは一般的な実用性を持つマクロ、型、関数が宣言および定義されています。 マクロ NULL 空(NULL)ポインタ定数です。stddef.h、locale.h、stdio.h、stdlib.h、string....
C言語

[C言語 標準ライブラリ] time.hの使い方

time.hには、時間を操作するための型や関数が宣言および定義されています。多くの関数は、現在の日付と時刻を表すカレンダータイムを扱います。いくつかの関数は、特定のタイムゾーンで表現されるカレンダータイムであるローカルタイムや、ローカルタ...
スポンサーリンク
C言語

[C言語 標準ライブラリ] stdio.hの使い方

stdio.hは入出力の手段を実装するためのマクロ、型、関数が宣言および定義されています。 マクロ _IOFBF setvbuf関数の第3引数として使用します。入出力の完全バッファリングを行うことを指示します。 _...
コーディングスタイル

[C/C++] わかりやすいif文(条件式)の書き方

プログラムが複雑になってくると、データ数が増え、条件式も複雑なものが多くなってきます。複雑な条件式は可読性が落ちてしまい、プログラムの理解に時間がかかったり、バグを引き起こす要因にもなる場合もあります。そこで、わかりやすい条件式の書き方に...
C言語

[C言語 標準ライブラリ] stddef.hの使い方

stddef.hには標準ライブラリで扱う共通のマクロ、型が定義されています。 マクロ定数 NULL 空(ヌル)ポインタ定数です。locale.h、stdio.h、stdlib.h、string.h、time.h、wcha...
C言語

[C言語 標準ライブラリ] stdarg.hの使い方

stdarg.hには、printf 関数のような可変長引数に関する型、マクロ関数が宣言、定義されています。 型 va_list 可変長引数にアクセスするための情報を格納する型です。 マクロ関数 void va...
C言語

[C言語 標準ライブラリ] signal.hの使い方

signal.hには、シグナル処理関数の登録およびシグナルの送信に関する型、マクロ、関数が宣言、定義されています。 マクロ定数 SIG_DFL シグナルに対する既定の操作を指示します。signal関数の第2引数で使用され...
C言語

[C言語 標準ライブラリ] setjmp.hの使い方

setjmp.hには、外部の関数にジャンプための型、関数、およびマクロが宣言、定義されています。 型 jmp_buf 呼び出し環境を保存するための型。setjmp、longjmpで使用されます。 関数 int...
C言語

[C言語 標準ライブラリ] math.hの使い方

math.hには、数学的な演算を行う関数、およびマクロが宣言、定義されています。 マクロ定数 HUGE_VAL 範囲エラー発生時に返される正のdouble型の式です。 HUGE_VALF 範囲エラー発生時に返...
スポンサーリンク