プログラミング

コーディングスタイル

[C/C++] わかりやすいif文(条件式)の書き方

プログラムが複雑になってくると、データ数が増え、条件式も複雑なものが多くなってきます。複雑な条件式は可読性が落ちてしまい、プログラムの理解に時間がかかったり、バグを引き起こす要因にもなる場合もあります。そこで、わかりやすい条件式の書き方に...
C言語

[C言語 標準ライブラリ] stddef.hの使い方

stddef.hには標準ライブラリで扱う共通のマクロ、型が定義されています。 マクロ定数 NULL 空(ヌル)ポインタ定数です。locale.h、stdio.h、stdlib.h、string.h、time.h、wcha...
C言語

[C言語 標準ライブラリ] stdarg.hの使い方

stdarg.hには、printf 関数のような可変長引数に関する型、マクロ関数が宣言、定義されています。 型 va_list 可変長引数にアクセスするための情報を格納する型です。 マクロ関数 void va...
スポンサーリンク
C言語

[C言語 標準ライブラリ] signal.hの使い方

signal.hには、シグナル処理関数の登録およびシグナルの送信に関する型、マクロ、関数が宣言、定義されています。 マクロ定数 SIG_DFL シグナルに対する既定の操作を指示します。signal関数の第2引数で使用され...
C言語

[C言語 標準ライブラリ] setjmp.hの使い方

setjmp.hには、外部の関数にジャンプための型、関数、およびマクロが宣言、定義されています。 型 jmp_buf 呼び出し環境を保存するための型。setjmp、longjmpで使用されます。 関数 int...
C言語

[C言語 標準ライブラリ] math.hの使い方

math.hには、数学的な演算を行う関数、およびマクロが宣言、定義されています。 マクロ定数 HUGE_VAL 範囲エラー発生時に返される正のdouble型の式です。 HUGE_VALF 範囲エラー発生時に返...
C言語

[C言語 標準ライブラリ] locale.hの使い方

locale.hには、ロケールごとに異なる文字コードや数値を記述する場合の、書式等の操作を行う型・マクロ・関数の宣言および定義がされています。 マクロ LC_ALL setlocale関数の引数categoryに使用しま...
C言語

[C言語 標準ライブラリ] limits.hの使い方

整数型の最小値、最大値や文字型に関するマクロが定義されています。関数は定義されていません。 マクロ CHAR_MIN char型の最小値を示します。 SCHAR_MIN signed char型の最小値を示し...
C言語

[C言語 標準ライブラリ] errno.hの使い方

errno.hには、システムコールや標準ライブラリで発生したエラーの状態を表すerrno、およびエラー値を表す定数マクロが定義されています。関数は定義されていません。 マクロ EDOM 引数が領域外であること(ドメインエ...
C言語

[C言語 標準ライブラリ] float.hの使い方

float.hには、浮動小数点型で表現可能な最大値や特性に関するマクロが定義されています。関数は定義されていません。 マクロ FLT_RADIX 浮動小数点型の内部指数表現に使用される基数を示します。 FLT_RO...
スポンサーリンク